男性用育毛剤ランキングのトップ3をご紹介します!

58view

2018.07.22

髪を生やすためにはまず脱毛の原因を知ること、解決法も

遺伝性によるもの

薄毛の主要な原因はいくつか考えられます。薄毛を改善するためにはその原因となるものにご自身が該当しないかを知る必要あります。そして、もし該当しているようであれば、まずはそれを改善する必要があります。まずは遺伝からくる薄毛についてお話します。

薄毛は遺伝からくるものだということを聞いたことのある人も多いのではないかと思いますが、結論から言いますと、それは事実です。父親や親族に薄毛の人がいると薄毛になりやすい体質であることが多いですが、だからといって確実に薄毛になるわけではありません。

改善することは可能です。遺伝から薄毛になるメカニズムはホルモンも大きく影響してきます。

ホルモンバランスによるもの

ホルモンには男性ホルモンや女性ホルモンというものがあることはご存知だと思います。男性女性に関わらず体には男性ホルモンと「5aリダクターゼ」という酸素の一種が存在しています。これらそれぞれの物質には害はないのですが、この2つが組み合わさったときに「悪玉脱毛ホルモン」というものが生まれてしまいます。

主な特徴としては①髪の毛の成長を止めてしまう②髪の毛を細くして抜けやすい状態にしてしまう、ということが挙げられます。そのため、薄毛を改善するのであればホルモンバランスもどうにかしなくてはならないのです。

この悪玉脱毛ホルモンは育毛剤で抑えることができます。後ほどおすすめの育毛剤をお伝えします。

食事やストレス、生活習慣などの乱れ

もしかするとここが一番多い原因であり、対応が難しいところであるかもしれません。日々の大半はほとんどの人が仕事をしていて、生活リズムはある程度決まっていると思います。それは良い場合もあるかもしれませんが、なかなか理想的な生活を送れているという方も少ないのではないでしょうか。

髪を生やすためには血流を良くして頭皮に栄養を届ける必要があります。そのためには日々の生活の中で栄養をしっかり摂れている必要性があります。サラリーマンとしての日々の業務が忙しく、毎日脂っこいものや、コンビニご飯、ファーストフードなど食生活が悪いものに偏ってしまってはいませんか。

生活習慣でいうと、過度なダイエットや筋トレなども薄毛のトリガーとなってしまう場合もあります。栄養素を意識して摂取していればまだ良いかもしれませんが、実際にそこまでこだわって取り組めている人はどれだけいるでしょうか。過度なダイエットや筋トレは身体に大きな負担がかかっています。また精神的にもこれまで当たり前だとしていたペースを変え制限を掛けるわけですからストレスもかかります。

このように、常にストレスがかかっているという状態もあまり好ましくありません。ストレスが薄毛の改善への障壁となることは間違いなのです。

食事に関しては1日3食をバランスよく食べることを心がけましょう。また髪の毛にいいとされている食事で代表的なものでは、海藻類が挙げられます。髪の毛の生成に必要なアミノ酸や亜鉛、ビタミンなどが海藻類には豊富に含まれています。

日々のちょっとしたところでも「チリも積もれば」です。少しずつ食生活の改善にも取り組んでいきましょう。

睡眠不足

睡眠不足と聞くとどことなく悪いことであるということはイメージできそうですが、具体的には何が良くないのでしょう。人が睡眠不足になった際、よくニキビができやすいであるとか、肌荒れを起こしてしまうなどといったことを聞くこともあるかと思います。

これは人の体に備わる本能的な要素が起因していることも大きく、生命の危機にさらされてはまずいところから本能的に身体は守ろうとします。つまり寒くなれば手や足などが冷え、生きるために必要な心臓や臓器にエネルギーを回します。そうして寒いという環境からあなたの身体を守ろうとしているのです。

これが睡眠不足でどうなるかというと、そもそも人が睡眠をとる理由としては、身体を休める、体力を回復するという理由があります。寝不足だと身体がだるかったり、まだ寝たいと思ったり、身体の体力がなかなか回復しないということもあるかと思います。

そうなると身体を健康的に保つために命に関わりの低い箇所へのダメージが出てきます。それが爪や肌、髪の毛となってくるのです。これが睡眠不足だと髪の毛にも悪影響が出てくる可能性があるというメカニズムなのです。

男性に効果のある育毛剤選びのポイントとは

ポイントとなる成分

育毛剤を選ぶ際はなんとなくではもったいありません。最低限押さえるべき主要成分をお伝えします。

  • 抜け毛を防ぐ成分は悪玉脱毛ホルモンをブロックします。
    ノコギリヤシ、ヒオウギエキス、冬虫夏草エキスなどです。
  • 毛を太くする成分は血流を良くして頭皮に栄養を与えてくれます。
    センブリエキス、ニコチン酸アミド、アデノシンなどです。

育毛剤を選ぶ際はこの2種類の成分がどちらも含まれているモノを選ぶことがポイントです。

数か月単位での長期視点で選ぶ

育毛剤は成分だけで選ぶのでは少し早いです。育毛剤は値段も高く、長く使えるような値段かどうかも育毛剤を選ぶ上ではポイントになります。また育毛剤の使用感、べたつきやにおいなども気になるようであれば使い続けることは難しくなるでしょうから、使い続けることができるかどうかというポイントも育毛剤選びでは重要なポイントとなります。

育毛剤には無添加のものも

使用感というところでいうと、無添加の育毛剤にこだわりたいという人もいるかもしれません。化学成分よりはやはり無添加であることの方が頭皮などへのダメージやストレスなどは少ないといえるでしょう。これからご紹介する育毛剤は無添加のモノになります。

男性用育毛剤ランキングトップ3

1位:CHAP UP(チャップアップ)

こちらのCHAP UP(チャップアップ)は日本で一番売れた育毛剤となっています。配合成分に強くこだわっており、55種類の天然成分と15種類のアミノ酸が含有されています。無添加無香料となっています。公式サイトによるとお客様の満足度も極めて高く、認定毛髪診断士と呼ばれる資格を持つスタッフが問い合わせの際は相談にも乗ってくれるようです。メディア等への露出も多く、今育毛剤で注目を集める商品であるといえます。

2位:FINJIA(フィンジア)

こちらはスカルプケアシリーズで2017年1位を獲得した実績にある育毛剤です。フィンジアはカプサイシンを唐辛子などに含まれているカプサイシンを配合しており、硬くなりやすい地肌を集中的に柔らかくする狙いがあります。さらにヘアケアメーカーとの研究で得た実績から10種類の毛髪成分を配合。その成分をフィンジア独自のSPEテクノロジーで頭皮の奥まで届けます。

3位:IQOS(イクオス)

こちらは育毛までの実感をとにかく早く感じることができるということが売りのようです。公式サイトでの情報によるとその数実に3か月以内での育毛効果を感じたという方が78%に上ります。また現在販売しているイクオスは従来のイクオスに比べ61種類の毛髪成分が含有されています。その数は比較すると約2倍です。

また悪玉脱毛ホルモンだけでなくその他の発毛を阻害する有害因子からも守ってくれることや含有されている天然成分が頭皮の炎症を守ってくれるなどより育毛を促進してくれます。

生活習慣を改善しあなたにあった育毛剤を

薄毛の原因となる要素は遺伝だけではありません。仮に遺伝であったとしても、その他の多くの要素を改善、注意することで薄毛は防ぐことができます。生活習慣などを見直した上でさらにあなたに合った育毛剤を探していきましょう。

また育毛剤に関しては、数か月から半年、1年と長く使用することを想定して使い続けることができそうかという点についても一緒に検討してみてください。無添加などの天然成分が含まれているものなどは炎症などを起こすリスクも少なくおすすめであるといえます。今回のお話があなたのご参考になれば幸いです。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る