2019年最新版の男性向け育毛剤ランキングはこれだ!

159view

2018.07.22

第1位 CHAP UP(チャップアップ)

育毛剤の代名詞

2019年において、育毛剤ランキングの首位をひた走るのは「CHAP UP(チャップアップ)」です。なぜ男性にCHAP UP(チャップアップ)がこれほどまでに人気があるのかといえば、やはりリピーターの多さに尽きるでしょう。効かない育毛剤を使い続ける人はいません。しかし効果のある育毛剤であれば何年でも使い続けます。

CHAP UP(チャップアップ)にはリピーターが多いからこそ、常に育毛剤ランキングで首位をキープできるのです。なぜCHAP UP(チャップアップ)は男性向けの育毛剤として効果が非常に高いのでしょうか?その理由は2つあります。

ノコギリヤシ

CHAP UP(チャップアップ)の主成分はノコギリヤシです。ノコギリヤシとは、いわゆるDHTブロッカーと呼ばれる育毛剤でよく使われる成分です。

男性の薄毛の原因は8割以上が男性ホルモンによるものです。一度生えた髪の毛は2年から5年ほど伸び続けるのが一般的ですが、体内で特別な酵素により変性した男性ホルモン(DHT)が増えすぎると、髪の毛は抜け落ちてしまうようになります。

この悪玉である男性ホルモンDHTの働きを抑えてくれるのがノコギリヤシです。DHTの脱毛効果をブロックしてくれるので「DHTブロッカー」と呼ばれているのです。ノコギリヤシがDHTブロッカーとして優秀な理由として、DHT自体の生成を抑えてくれるだけでなく、生成されてしまったDHTの働きも同時に抑制する点があげられます。

他のDHTブロッカーは、DHT自体の生成は抑えてくれますが、既に生成されてしまったDHTには無力であることが多いです。このDHTブロッカーであるノコギリヤシの優秀さが、CHAP UP(チャップアップ)の人気を支えています。

血行促進効果が高くノコギリヤシが浸透しやすい

CHAP UP(チャップアップ)以外にも、ノコギリヤシが含まれている育毛剤は多く存在します。なぜ他のノコギリヤシ入りの育毛剤よりも、CHAP UP(チャップアップ)は優れた薄毛治療効果を発揮できるのでしょうか?ノコギリヤシの量が特別に多いのでしょうか?

実はCHAP UP(チャップアップ)にはノコギリヤシの効果がより強くなるように、血流を良くする成分が数多く含まれています。ノコギリヤシがいくら育毛剤に多く含まれていても、毛根の奥深くにある毛乳頭細胞に届かなければDHTの働きを防ぐことはできません。育毛剤の栄養素はすべて血管を通して毛乳頭細胞に届くようになっているからです。

もし血行が何らかの理由で悪くなってしまえば、せっかく育毛剤に含まれている栄養素も毛乳頭細胞にまで届かずに揮発してしまう可能性があります。特に頭皮付近の血管は非常に細いです。きめ細かい毛細血管は少しでも細くなってしまえば、栄養素を運べるだけの働きをすることができなくなってしまいます。

CHAP UP(チャップアップ)はノコギリヤシを多く含むだけでなく、ノコギリヤシの効果が最大限に発揮されるように血管を広げるための栄養素も含まれています。ここが他のノコギリヤシ入りの育毛剤との決定的な違いなのです。

第2位 FINJIA(フィンジア)

CHAP UP(チャップアップ)と並ぶ人気のFINJIA(フィンジア)

育毛剤の人気ランキングとして長く上位をキープしているのはCHAP UP(チャップアップ)だけでありません。「FINJIA(フィンジア)」はCHAP UP(チャップアップ)の対抗馬として常に注目されている存在です。体質的にCHAP UP(チャップアップ)が効かなかった人は、次の選択肢としてFINJIA(フィンジア)を選ぶことが多いようです。

DHTブロッカー「キャピキシル」

FINJIA(フィンジア)のメインとなる育毛成分は、DHTブロッカーのキャピキシルです。キャピキシルはDHTの生成を抑える効果が非常に強いことで知られています。なぜならDHTが生成される2種類の方法を全てシャットアウトしてくれるからなのです。

DHTは元々体内でテストステロンと呼ばれる男性ホルモンが元になっています。テストステロンは男性にとって、ほぼいい効果しかもたらしません。そのテストステロンが体内である酵素と結びつくことでDHTへと変わってしまいます。

このDHTを作り出す酵素には2種類が存在します。多くのDHTブロッカーは1種類の酵素にしか対応していないことがほとんどです。そのため完全にDHTの生成を抑えることは不可能なのです。

それに対してFINJIA(フィンジア)に含まれているキャピキシルは2種類の酵素に対応してDHTの生成を極限まで抑えてくれます。

SPEテクノロジーで血行促進効果&浸透力アップ

CHAP UP(チャップアップ)でも説明したように、いくらDHTブロッカーが含まれていてもその成分が肝心の毛根の奥にある毛乳頭細胞に届かなければ意味がありません。DHTブロッカーを毛乳頭細胞にまで届けるのは血管血液の仕事です。血行を促進すればするほどDHTを防ぐための成分は毛乳頭細胞に浸透しやすくなるのです。

FINJIA(フィンジア)にはSPEテクノロジーと呼ばれる血行拡張作用が入っています。唐辛子から抽出されたカプサイシンが含まれており、毛穴が広がり育毛成分が浸透しやすくなるのと同時に血流も良くなるためにDHTブロッカーでやるキャピキシルが効率よく毛乳頭細胞音まで届くようになります。

第3位 BUBKA(ブブカ)

BUBKA(ブブカ)は老舗の育毛剤

CHAP UP(チャップアップ)やFINJIA(フィンジア)が比較的新しい育毛剤であるのに対して、BUBKA(ブブカ)は10年以上前から発売されている老舗の育毛剤です。育毛剤は新しい育毛理論や育毛成分をどんどんと取り入れていかないと人気が落ちてしまう性質を持っています。

しかしBUBKA(ブブカ)は10年以上にもわたって育毛ランキングの上位を維持している驚異的な男性用育毛剤です。BUBKA(ブブカ)の育毛メカニズムについて見ていきましょう。

最新の育毛理論であるコラーゲン

BUBKA(ブブカ)には最新の育毛理論と呼ばれるコラーゲンが含まれています。コラーゲンといえば女性の方がよく美肌対策に摂っていることで有名です。このコラーゲンと育毛にはどのような関係があるのでしょうか?

薄毛の原因は男性ホルモンがよく知られていますが、その他に紫外線の悪影響も見逃せません。紫外線を長く浴び続けると薄毛になることは古くからわかっていましたが、そのメカニズムは主に血流が悪くなるためだと考えられていました。しかし2016年に日本の大学が、紫外線と毛根付近にあるコラーゲンが薄毛と綿密な関係があると結論付けました。

毛根付近には髪の毛を作り出すための細胞が多く詰まっています。この細胞を紫外線から守っているのがコラーゲンなのです。コラーゲンがあるうちは紫外線によって髪の毛を作り出す細胞は壊されることはありません。しかし年齢とともにコラーゲンは減少していきます。

そのため徐々に髪の毛を作る細胞は紫外線の影響を受けるようになり、髪の毛を作るペースが遅くなるのはもちろんのこと、生えた髪の毛もすぐ抜けやすくなってしまいます。

これらの研究結果を受けて、BUBKA(ブブカ)はすぐに育毛剤をリニューアルし、現在のバージョンではコラーゲンを含むようになりました。現在のBUBKA(ブブカ)には最新の育毛理論が凝縮されているのです。

もちろんDHTブロッカーも含まれている

BUBKA(ブブカ)にはもちろんDHTブロッカーも含まれています。すべて海藻類から抽出した成分を使ってDHTブロッカーとしていることが特徴的です。天然成分なので副作用が全く起きません。

【まとめ】迷ったらランキングトップ3の育毛剤を使おう

CHAP UP(チャップアップ)、FINJIA(フィンジア)、BUBKA(ブブカ)のいずれも素晴らしい男性用の薄毛治療育毛剤です。男性型脱毛症の主な原因となる男性ホルモンに対する対策はもちろんのこと、それ以外にも浸透力を高めるための工夫や、無添加を貫くなど使いやすさのために労を厭わない姿勢が、薄毛の男性に支持される理由でしょう。

もしあなたが薄毛に悩む男性で育毛剤を使うことを決心したならば、この記事で紹介した育毛剤ランキング上位3つのうちのどれかから選べば間違いはないでしょう。 

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る